2018年2月13日火曜日

「北朝鮮脅威論と安倍改憲」 講師:布施祐仁

 2月12日、第16回大和市革新懇総会が開かれ、前半の記念講演から参加しました。

 平和新聞の記者として、自衛隊の日報問題など、大手メディアが出来ない追求を行なっている布施祐仁さん。「北朝鮮脅威論と安倍改憲」をテーマに約1時間お話していただきました。

1.北朝鮮が日本の脅威となり得る理由を作っているのは、アメリカであり、安倍政権であること。
2.朝鮮戦争が終結していないために、南北朝鮮・アメリカ(+日本)の関係が不安定であること。
3.ミサイル迎撃システムは、在日米軍基地を守るためにあること。(そもそも迎撃に成功するかという問題もあるけど)
4.核攻撃が発生すれば、数千万人の被害がでる。
5.『悪の枢軸』指定が結果として核開発の背中を押すことになった。
6.北朝鮮の要求(国体維持)に向けた交渉が進まなければ、核開発も止まらない。
ような話をされていました。
ざっとしたメモは後半に

 安倍政権は、対話のための対話は無意味と圧力一辺倒の外交にこだわりをもっているようですが、北朝鮮への圧力は2002年頃からそれは長い期間かけられてきたわけで、その結果核開発が進められたことを考えれば、コレ以上の圧力にどれだけ意味があるでしょうか。
 北朝鮮の要求をすべて聞く必要はありませんが、要求がなんなのかもわからずに圧力をかけることは、結果として暴走・・・予測不可能な事態につながりかねません。ましてや、北朝鮮が日本(の在日米軍基地)を狙っている以上、偶発的な衝突が起きる可能性を限りなく減らす努力を日本政府はする必要があるのではないでしょうか。

 憲法へ自衛隊を書き込むという議論も、これから自衛隊をどういう存在にするか(したいか)が問われていると思います。集団的自衛権を口実に、戦争(侵略)が繰り返されてきたことは言うまでもありませんが、安保法制が改悪された以上、自衛隊の海外派遣はアメリカとの共同任務につながっています。
 災害救助などの活動は評価されるものですが、憲法に定める内容が、平和貢献の活動なのか、災害支援活動なのかで、内容は変貌します。『自衛隊に感謝』することは大いに結構ですが、その自衛隊を戦地に送って良いのか。大いに議論を広げていきたいと思います。



2018年1月2日火曜日

2018年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます

 風邪にやられながらの12月議会を終え、妻が体調を崩しながらの年末年始となりました。

 今回は、結婚して以来初の自宅で年越しとなりました。
(いつもは妻の実家でおせちの準備なんかをしてますが、実家もパンデミックだったようで・・・)
 1日は、しんぶん赤旗の配達→朝焼け→初日の出と元旦っぽい朝を迎えることができました。
ネコたちには、お年玉を上げました。






今日は、母方の親族会(11家族・約40人)に参加します。

 市会議員の任期も残す所15ヶ月。一般質問は5回となりました。これまで取り上げてきた質問を整理し、進捗など確認しながら、よりよい市政目指して、今年も頑張りたいと思います。


『自宅ベランダからの初日の出の様子』